シュアレはケルン戦の84分に決勝弾をマーク。ドルトムントを4試合ぶりの白星に導いた - © © imago / Uwe Kraft
シュアレはケルン戦の84分に決勝弾をマーク。ドルトムントを4試合ぶりの白星に導いた - © © imago / Uwe Kraft
ブンデスリーガ

ケルン戦で決勝弾のシュアレ「戦い続けなければ」

ブンデスリーガ第21節初日が2月2日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは敵地で大迫勇也のケルンに3ー2で勝利し、4試合ぶりの白星を飾った。この試合の84分に決勝点を決めたアンドレ・シュアレが、90分間の戦いを終え喜びを語っている。

――勝利、そして決勝弾おめでとうございます。今日のパフォーマンスについてはいかがですか?

シュアレ 私は自分をほめることは滅多にないのですが、今日は良い試合だったと思います。自分のコンディションも良いですからね。昨年は約半年間も負傷離脱していましたし、信頼や自分のリズム、そして出場時間のいずれもが欠けていました。今日、再びフル出場できたことは非常に喜ばしいことです。もちろんゴールを決められたこと、そして勝利を獲得できたことについても、最高の気分です。

――ミシー・バチュアイとのコンビネーションについてはいかがでしたか?まるで長い間一緒にプレーしてきたかのように息が合っていました。

シュアレ 試合が始まる少し前に、しっかりと話し合いました。ウォーミングアップの時にも、どのようにボールをもらいたいのか、彼に質問したりもしましたね。とにかく彼とのコンビネーションはうまく機能していたと思いますし、プレーしていて楽しかったです。彼にとっても今日の2ゴールは非常に重要な意味を持つものとなったのではないでしょうか。

- © imago
- © imago / Laci Perenyi