大迫のケルンは本拠地ヘルタ戦に0ー2の完封負け。今季未勝利が続いている - © © gettyimages / Lars Baron
大迫のケルンは本拠地ヘルタ戦に0ー2の完封負け。今季未勝利が続いている - © © gettyimages / Lars Baron
ブンデスリーガ

ケルンが泥沼、今季11敗目

ブンデスリーガ第13節最終日が11月26日に行われ、大迫勇也が所属するケルンは本拠地で原口元気のヘルタ・ベルリンと対戦し、0ー2で敗れた。先発の大迫は72分までプレー、原口はベンチ外だった。 ケルン 0ー2 ヘルタ・ベルリン

負傷者が続出のケルンは、ブンデスリーガ史上最年少出場記録で2位となる16歳のビセクが右CBで初出場を果たし、通常はボランチのレーマンも3バック中央に入る布陣でスタート。そんなケルンは8分、素早くボールを前線に運び、中に持ち替えたギュラシーが正面ペナルティーエリア外からシュートを放つも、左ポストの外側へ流れてしまう。

12分には右からのセンタリングがファーサイドにこぼれると、フリーのラウシュが左足を振り抜くも、ボールは枠を捉えきれない。

すると17分、ヘルタがセットプレーのチャンスを見事モノにする。プラッテンハートの蹴った左CKをゼルケがヘディングシュート。GKホーンの手前でイビシェビッチがこれをトラップし、1度目のシュートは弾かれるも、跳ね返りをネットに押し込んだ。

27分と31分にはイビシェビッチが、シェルブレッドの低い右クロスをボレーで、さらに今度は左からのセンタリングを頭でそれぞれ合わせるも、いずれもケルン守護神のファインセーブに遭い、追加点は生まれない。

- © imago
- © imago