bundesliga

“リピート・アフター・ミー” 長谷部&チャンドラー組

日本人選手がチームメートに日本語をレッスンする“リピート・アフター・ミー”。今回の挑戦者は、アイントラハト・フランクフルトのDFコンビ、長谷部誠&ティモシー・チャンドラー組だ。

ピッチ上ではドイツ語でコミュニケーションを取っている長谷部とチャンドラー。生まれも育ちも日本の前者と、ドイツ生まれの米国代表である後者は、日本語でも通じ合えるだろうか?

長谷部先生の日本語レッスン、レッツ・スタート!

>>>円熟期を楽しむ長谷部誠、35歳の新たな発見
>>>長谷部誠インタビュー・前編 「日本代表はアジアのトップでなければならない」
>>>長谷部誠インタビュー・後編「ドイツは、自分にとって全ての面でパーフェクトな国」