- © DFL Deutsche Fußball Liga
- © DFL Deutsche Fußball Liga
bundesliga

スピードアラート

whatsappmailcopy-link

ブンデスリーガと、そのテクノロジープロバイダーであるAWS(アマゾン・ウェブサービス)は、ゴール率を用いる「得点期待値」や実際のフォーメーションを表す「アベレージ・ポジション」に続き、次なるブンデスリーガ・マッチ・ファクトとして「スピードアラート」を作成したことを発表します。

DFL(ドイツ・サッカーリーグ)とAWSの協力関係により、2020-21シーズンの第5節から実現したもう1つの機能、「スピードアラート」をファンの皆様にお届けします。ここでは、それぞれのケースにおけるプレーヤーの最大速度を提供します。同時に、最高値をフィルタリングするために編集上の分類も行われます。

そのスピードはシーズン記録なのか、自己ベストなのか、チームのベストの値なのか、試合全体のベストな値なのか、はたまたブンデスリーガの新記録なのか――これらの情報は、高速データ処理により即座に中継放送局に届きます。DFLとAWSの連携により実現した次なるイノベーションです。

- Eibner-Pressefoto/Sascha Walther via Peter Schatz/Eibner-Pressefoto/Sascha Walther via Peter Schatz

ライブティッカーでは各試合の30分経過後と90分経過後に、その試合の3人の最速選手が表示されます。また統計セクションでは、今シーズンの最速プレーヤーのランキングも公開されています。

キングスレイ・コマンは、第10節バイエルン対ライプツィヒで、最高速度35.89km/hのシーズン記録を叩き出しました。

データ収集開始後のブンデスリーガ記録保持者はアルフォンソ・デイヴィス。バイエルン・ミュンヘンのDFは、これまでに最高速度36km/hを突破したたった3人の選手のうちの1人でした。残りの2人はレバークーゼンのムサ・ディアビとレオン・ベイリーです。ブンデスリーガには電光石火のプレーヤーがたくさんいます。AWSのおかげでこれらが最高の形でファンの皆様に届けられているのです。

whatsappmailcopy-link