- © 2019 DFL
- © 2019 DFL
bundesliga

第4節の注目カード(4):ライプツィヒ対バイエルン

ブンデスリーガ第4節2日目が9月14日に行われ、首位ライプツィヒは本拠地でバイエルン・ミュンヘンと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

【データ&トリビア】

ライプツィヒは18クラブで唯一、開幕3連勝を飾った。同クラブが首位に立ったのは、2016/17シーズン第13節以来初。

・ブンデスリーガ最多優勝を誇るバイエルンも、開幕節こそ引き分けに終わったものの、その後調子を取り戻し、前節終了時に2位へ浮上した。

・過去の当カードは4勝1敗1分でバイエルンが圧倒している。ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)も含めれば、バイエルンの6勝1敗1分。

・バイエルンは順位表2位という立場で、首位との直接対決を25試合経験しており、その結果は9勝11敗5分と負け越している。

・さらに2位という立場で首位のホームに乗り込んだ時、バイエルンは直近5試合で4敗を喫している。

・バイエルンのエースFWロベルト・レヴァンドフスキ、ライプツィヒのエースFWティモ・ヴェルナーは、ともにここまで全試合で得点を決めている。

・前者は第3節終了時で6得点、後者は同5得点。両選手ともに、自身の最高記録を更新した。

- 2019 DFL

【予想ラインナップ】

ライプツィヒ(3ー1ー4ー2)
グラシ;ムキエレ、コナテ、オルバン;デメ;クロースターマン、ザビツァー、フォルスベリ、ハルステンベルク;ポウルセン、ヴェルナー

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ノイアー;パヴァール、ズューレ、エルナンデス、アラバ;キミッヒ、ティアゴ;ニャブリ、コウチーニョ、コマン;レヴァンドフスキ