- © 2019 DFL
- © 2019 DFL
bundesliga

第20節の注目カード(4):ライプツィヒ対ボルシアMG

whatsappmailcopy-link

ブンデスリーガ第20節2日目が2月1日に行われ、ライプツィヒは本拠でボルシアMGと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

【データ&トリビア】

・第19節終了時でライプツィヒは首位、ボルシアMGは3位。

・当カードはドイツ時間1日18時半にキックオフ。その3時間前に開始されるマインツバイエルン・ミュンヘンで後者が勝つか引き分ければ、ライプツィヒは暫定で首位から陥落する。

・ライプツィヒは現在二桁順位にいるチームとの対戦で、9勝1分の無敗。しかし一桁順位チームとの対戦では、9試合で12ポイントしか稼いでいない。

・ライプツィヒのブンデスリーガ昇格後、当カードは7試合行われているが、ボルシアMGは未勝利である。

・また当カード直近4試合はライプツィヒの全勝。

・ライプツィヒ対ボルシアMGがスコアレスドローに終わったことはない。

・前回対戦では、ライプツィヒのティモ・ヴェルナーがハットトリックを記録した。

- Lars Baron/Bongarts/Getty Images

【予想ラインナップ】

ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;ムキエレ、クロースターマン、ウパメカノ、ハルステンベルク;ザビツァー、ライマー、アダムス、エンクンク;シック、ヴェルナー

ボルシアMG(4ー2ー1-3)
ゾマー;ライナー、ギンター、エルヴェディ、ヴェント;クラマー、ザカリア;ノイハウス;ヘアマン、プレア、テュラム