- © imago images / Revierfoto
- © imago images / Revierfoto
bundesliga

第11節の注目カード(2):ボルシアMG対ブレーメン

ブンデスリーガ第11節最終日が11月10日に行われ、大迫勇也の所属するブレーメンは敵地でボルシアMGと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

【データ&トリビア】

ボルシアMGはブンデスリーガ直近7試合で6勝を挙げている。

・一方、ブレーメンはリーグ直近6試合を未勝利。内訳は1敗5分となっており、現在5試合連続で引き分けとなっている。

・当カード直近7試合でボルシアMGは無敗。ブレーメン相手に5勝2分の成績。

・ボルシアMGはブンデスリーガでホーム3連勝中。

・ブレーメンは今季、ブンデスリーガのアウェー全5試合で2ゴールをマークしている。

・ボルシアMGのラース・シュティンドルが、ブンデスリーガの舞台で最もゴールを決めている相手はブレーメン。

・ブレーメンの右SBミヒャエル・ラングは、今夏ボルシアMGから期限付きでブレーメンへ移籍した。

・ブンデスリーガの舞台で、ブレーメンがアウェーでのボルシアMG戦に勝利したのは、2010年10月が最後。今世紀に入ってブレーメンが敵地での当カードで白星を収めたのは、わずか2回しかない(もう一つは2004年2月)。

- DFL Deutsche Fußball Liga

【予想ラインナップ】

ボルシアMG(4ー3-3)
ゾマー;ライナー、ギンター、エルヴェディ、ヴェント;ベーネス、クラマー、ザカリア;ヘアマン、プレア、テュラム

ブレーメン(4ー3ー3)
パブレンカ;ゲブレセラシ、ヴェリコヴィッチ、トプラク、フリードル;M・エゲシュタイン、シャヒン、クラーセン;ビッテンコート、大迫、ラシツァ