- © Alex Grimm/Bongarts/Getty Images
- © Alex Grimm/Bongarts/Getty Images
bundesliga

フランクフルトがバイエルンに5ー1大勝

ブンデスリーガ第10節2日目が11月2日に行われ、長谷部誠と鎌田大地の所属するアイントラハト・フランクフルトは本拠でバイエルン・ミュンヘンと対戦し、5ー1で勝利した。長谷部と鎌田はともにベンチスタート。長谷部に出場機会はなく、鎌田は64分に途中出場した。

アイントラハト・フランクフルト 5ー1 バイエルン・ミュンヘン

立ち上がりの9分、ボアテングがペナルティーエリア手前でパシエンシアを倒してしまい、VARの末、レッドカードで一発退場となる。

バイエルンよりも1人多いフランクフルトは25分にコスティッチのゴールで先制すると、33分にもソウが追加点。

37分、レヴァンドフスキに開幕10試合連続となる得点を決められ、1点差に詰め寄られるも、後半にアブラハム、ヒンターエッガー、パシエンシアが次々とゴールをマークした。

バイエルンに大勝したフランクフルトは勝ち点を17に伸ばし、暫定で6位に浮上している。

- imago images/Jan Huebner

【得点】

1ー0 25分 コスティッチ(フランクフルト)
2ー0 33分 ソウ(フランクフルト)
2ー1 37分 レヴァンドフスキ(バイエルン)
3ー1 49分 アブラハム(フランクフルト)
4ー1 61分 ヒンターエッガー(フランクフルト)
5ー1 85分 パシエンシア(フランクフルト)

【ラインナップ】

アイントラハト・フランクフルト(3ー1ー4ー2)
レノウ;アブラハム、ヒンターエッガー、ヌディカ;フェルナンデス(80分 シルバ);ダコスタ、ローデ(71分 ガチノヴィッチ)、ソウ、コスティッチ;パシエンシア、ドスト(64分 鎌田)

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ノイアー;パヴァール、ボアテング(9分 退場)、アラバ、デイヴィス;キミッヒ、ティアゴ;ミュラー(64分 マルティネス)、コウチーニョ(57分 コマン)、ニャブリ(69分 ゴレツカ);レヴァンドフスキ

- imago images/Thomas Frey