- © DFL Deutsche Fußball Liga GmbH
- © DFL Deutsche Fußball Liga GmbH
bundesliga

平成に活躍した30人の日本人ブンデスリーガー

ブンデスリーガにおける「平成時代」を振り返ると、日本人選手が存在感を発揮し、一大ブームを巻き起こした時代とも言えよう。ここでは、平成の30年間でブンデスリーガに挑んだ30人のサムライをご紹介する。

【動画】ブンデスリーガの日本人:平成時代のTop5

尾崎加寿夫(昭和58年~平成元年:ビーレフェルト、ザンクト・パウリ)

高原直泰(平成15年~20年:ハンブルガーSV、アイントラハト・フランクフルト

稲本潤一(平成19年~21年:アイントラハト・フランクフルト

小野伸二(平成20年~22年:ボーフム)

長谷部誠(平成20年~現在:ヴォルフスブルクニュルンベルクアイントラハト・フランクフルト

【動画】Makoto Hasebe: Frankfurt's foundation

大久保嘉人(平成21年:ヴォルフスブルク

矢野貴章(平成22年~23年:フライブルク

槙野智章(平成22年~24年:ケルン)

内田篤人(平成22年~29年:シャルケ

香川真司(平成22年~24年、平成26年~現在:ドルトムント→期限付き移籍ベシクタシュ/トルコ)

【動画】ブンデスリーガのベストプレーヤー:香川真司

大津祐樹(平成23年~24年:ボルシアMG

細貝萌(平成23年~27年:アウクスブルクレーバークーゼンヘルタ・ベルリン

岡崎慎司(平成23年~27年:シュトゥットガルトマインツ

乾貴士(平成23年~27年:アイントラハト・フランクフルト

宇佐美貴史(平成23年~25年、平成28年~現在:バイエルン・ミュンヘンホッフェンハイムアウクスブルクフォルトゥナ・デュッセルドルフ

【動画】歴代日本人選手トップゴール(2014)

大前元紀(平成24年~25年:フォルトゥナ・デュッセルドルフ

酒井宏樹(平成24年~28年:ハノーファー

清武弘嗣(平成24年~28年:ニュルンベルクハノーファー

酒井高徳(平成24年~30年、現在同2部:シュトゥットガルト 、ハンブルガーSV)

金崎夢生(平成25年:ニュルンベルク

大迫勇也(平成26年~現在:ケルン、ブレーメン

長澤和輝(平成26年~27年:ケルン)

丸岡満(平成26年~27年:ドルトムント

原口元気(平成26年~現在:ヘルタ・ベルリンハノーファー

【動画】日本人選手が大活躍(2017)

武藤嘉紀(平成27年~30年:マインツ

山口蛍(平成28年:ハノーファー

浅野拓磨(平成28年~現在:シュトゥットガルトハノーファー

鎌田大地(平成29年~現在:アイントラハト・フランクフルト→期限付き移籍シント=トロイデン/ベルギー)

伊藤達哉(平成29年~30年、現在同2部:ハンブルガーSV)

久保裕也(平成30年~現在:ニュルンベルク

また、平成時代にプレーしなかった唯一の日本人選手が、日本人ブンデスリーガー第1号の奥寺康彦だ。

奥寺康彦(昭和52年~61年、ケルン、ブレーメン

【動画】レジェンド・ツアー in Japan