第5節フランクフルト対マインツ 試合後インタビュー

9月23日に行われたブンデスリーガ第5節で、のマインツは敵地でとが所属するアイントラハト・フランクフルトと対戦した。先制したマインツは3戦連発の岡崎の今季5得点目で一時は2-0とリードを奪ったものの、その後追いつかれて悔しい引き分けとなった。試合後、日本人3選手がそれぞれインタビューに答えた。


岡崎慎司

――きょうの試合の感想は。

岡崎 こんな展開になると思ってなかったんで。けっこう向こうのほうが良かったから、我慢してかなと思ったら2点取って。前半に1点返されたのが大きかったですね。

――得点のシーンは

岡崎 まあ相手が(ボールを)見失ってくれたんで、先に触れると思ったんですけど。シュートはアウト(サイドキック)で逆(のファーサイド)を狙ったんですけど、失敗したらなんか・・・はい。まあヨナス(ホーフマン)が見えたんですけど、相手が油断してるなと思ったんでシュート打ちました。

――入ってくれて良かったと。

岡崎 うん、(ゴールが続けて)入ってるときだから入ったって感じじゃないですか? まあ運が良かったです、ホントに。

――中2日が3試合続くけど。

岡崎 次勝ちたいですねえ。まあ、次勝てばきょうの引き分けはつながったかなって感じですね。じゃないと、ちょっともったいなかったですね。

――点を取り続けられてることに関しては。

岡崎 きょうは運ですね。もう・・・思い切りサイドネット揺らしたろみたいな感じで蹴ったら、相手の股に入ったので。まあでも、あそこを持っていけるのはいいと思います。きょうはあまり良くなかったですね、自分の中で。でもダメなときほど点が取れるのは一番いいんです。次にまたチャンスを与えられるし。


長谷部誠

――追いついた結果はどう捉えている?

長谷部 きょうの試合はチャンスも多くありましたし、勝たなきゃいけなかった試合だなと思います。まあ、失点の仕方も自分たちの簡単なミスなので、そういう意味では本当に3ポイント取れなかったのは非常に残念です。

――失点は戦術的ミスというより、ちょっとした・・・

長谷部 集中するところが欠けてたのかなと。後半も、相手のチャンスになったところは自分たちが悪いボールの失い方したときだし。まあ、そういうところは修正していかなきゃいけないと思います。

――チームとして勝ちきれてない試合が続いてるけど、課題っていうのはやっぱり集中力とかそういうところにある?

長谷部 もちろん集中力の部分でも、90分集中してやらなきゃいけないってのは自分たちの課題ではありますし。まあ、失点の仕方は簡単すぎるかなってのはある。今はどちらかというと個人的なミスが絡んでっていうのが多いんで。そこは集中力をもう少し高めてやらなきゃいけないなって思いますね。


乾貴士

――2点リードされてからの同点。

先制されるような展開でもなかったですし。こっちもチャンスありましたから。まあ自分にもチャンスありましたし、そこで決めないとああいう展開にもなりますし・・・しっかり決めていかないといけないです。(前半に)1点返せたのは良かったですけど、無駄な2失点だったので、ああいうところをなくさないと今後勝てない。そういうところをなくして自分たちが先制点を取れるような試合をやっていきたいですね。

――シャルケ戦に続いて引き分け。チームの調子はどう?

別に悪くはないと思います。ただ勝ち切れたゲームでもあったので、きょうは。勝てなかったことは本当に悔しかったですけど、次もまた試合があるので、切り替えてやっていきたいです。

――岡崎選手が5点目。敵から見てどう?

まあ・・・あれだけ頑張られたらDFも嫌だろうし。常に裏と得点を狙う意識はホントに高いですし、すごいなって思ってますし。まあ(点を)取られたことはホントに悔しいですけど、まああれだけ1人で行かれたら仕方ないかなって感じです。

フランクフルト対マインツの試合記事へ
ブレーメン対シャルケの試合記事へ
第5節初日結果一覧へ