長谷部、乾はフル出場 シャルケ内田は欠場

ブンデスリーガ第4節2日目は9月20日、各地で6試合が行われ、とのアイントラハト・フランクフルトはのシャルケに2-2で引き分けた。長谷部は守備的MFで、乾も右MFとしてフル出場した。けがから復帰して間もない内田はベンチ外だった。

シャルケ 2-2 フランクフルト公式記録

フランクフルトは序盤からうまく攻めると、15分にマイヤーがゴール前でのこぼれ球を決めて先制する。24分、ルスが右サイドを相手をかわしながら運んでシュート。これがゴール左に決まって2-0と点差を広げる。その後も素早い攻守の切り替えで攻め上がるが40分、メドイェビッチがPKを与えてしまう。これをチュポモティングに決められ、1点差に詰められた。さらに後半開始から5分、ドラクスラーにヘッドで決められ試合は振り出しに戻る。54分には右サイドの乾からの絶妙なパスをマイヤーが11mからフリーで受ける絶好機。しかしシュートを打ちきれない。61分、長谷部が後ろから戦術的ファウルを受け、ファウルしたボアテングはこの日2度目の警告で退場。71分にはドラクスラーが一発レッドで退場となり、フランクフルトは数的有利に立つ。しかし86分、今度はメドイェビッチがイエローレッドで退場となり、追加点を奪えないまま悔しい引き分けとなった。

マインツ対ドルトムントの試合記事へ
第4節2日目結果一覧へ