長谷部、清武がそれぞれアシストも引き分け

ブンデスリーガ第16節2日目は12月14日、各地で6試合が行われ、日本代表DFが所属するハノーファーは本拠で日本代表MFと同MFのニュルンベルクと3-3で引き分けた。日本人3選手はいずれもフル出場し、日本人対決が実現。右SBの酒井は守備でチームに貢献した。2列目中央でプレーした長谷部、清武はそれぞれ1アシストの活躍をみせたが、またしてもチームを勝利に導くことはできなかった。


ハノーファー 3-3 ニュルンベルク


この試合の公式データへ

前半序盤はハノーファーが優勢。ニュルンベルクは相手ペナルティーエリアにほとんど近づけない時間が続く。しかし30分、試合は急展開をみせる。長谷部からパスを受けたロウシェクが左寄り20メートルの位置から強烈なシュートを放つと、ボールは酒井に当たりながらもゴール右に吸い込まれ、ニュルンベルクが先制点を奪った。ハノーファーがこの失点で落ち着きを失う中、ニュルンベルクは長谷部を中心にうまくパスを回し追加点を狙う。38分には清武の自陣からの素晴らしいパスで抜け出したFWドリミッチが、冷静にGKをかわして空となったゴールにチーム2点目を流し込んだ。

さらに直後の41分、DFプラッテンハートが蹴った鋭いCKを中央にフリーで走り込んできたDFニルソンがヘッドでゴールへねじ込み、リードを3点に広げる。わずか10分間で3失点を喫したハノーファーは前半終了後、ファンからのブーイングを受けながらロッカールームへ戻る。

ニュルンベルクは後半も長谷部、清武を中心に積極的に仕掛ける。しかし追加点を奪えずにいると、60分にハノーファーのMFフスティにドリブル突破を許す。フスティからのパスを受けたビッテンクールトがDFをかわしてゴールを決め、ハノーファーは2点差に追いついた。ニュルンベルクは失点にも動じず、落ち着いた試合運びを続ける。しかし徐々にハノーファーに押し込まれる展開となり、87分にはFWジュフのゴールで点差が1に縮まる。

何とか1点リードを守りたいニュルンベルクだが、ここからはハノーファーの勢いを止められない。後半ロスタイムにはFKからジュフに同点弾を決められ、3-3で試合終了。ニュルンベルクは今季初勝利に限りなく近づいたが、またも勝ち切ることができなかった。

ウォルフスブルク対シュトゥットガルトの試合記事へ
その他4試合の記事へ