シャルケは主将ヘーベデスの早い退場で劣勢覆せず

ブンデスリーガ第3節2日目は8月24日、各地で6試合が行われ、日本代表DFのハノーファーは本拠で同DFのシャルケを2-1で下した。酒井は右SBでフル出場。内田は太ももの張りのためベンチ入りしなかった。

マインツ対ウォルフスブルクの記事へ
その他4試合の試合記事へ

ハノーファー 2-1 シャルケ


この試合の公式データへ

前節0-3で完敗したハノーファーは、新加入CBの2人サネ、マルチェロが構成するディフェンスラインの不安定性が指摘されていたが、両者はこの試合でも先発。シャルケはFWフンテラー(ひざじん帯損傷)、MFファルファン(足首負傷)、SB内田(太ももの張り)の主力3選手が欠場したことで出場メンバーが大きく変わり、4-3-3のフォーメーションで右サイドはMFクレメンスとSBホークラントが先発した。

試合は開始直後から激しい攻め合いを予感させる展開に。まずは4分、シャルケのホークラントがペナルティエリア手前右からミドルシュートでゴールに迫ると、ハノーファーも負けじとMFアンドレアセンがFKから惜しいシュートを放った。しかし14分、早くも試合を決定づける場面が訪れる。シャルケの主将ヘーベデスが、ペナルティエリア内でパスを受けたハノーファーのジュフをファウルで止め、PK献上の上に一発退場処分を受けた。

ハノーファーはフスティがPK落ち着いて決め1-0とし、さらに10人となったシャルケに猛攻を仕掛ける。22分、36分と決定的なチャンスを作り、42分にCKからのセカンドボールを右サイドで拾ったフスティが、見事なクロスでジュフのヘディングゴールを呼び込んだ。

後半も2点リードのハノーファーが押し切るかと思われたが、シャルケが底力を見せる。55分にノイシュテッターが胸で落としたボールをソロイが押し込み、1点差に迫るゴールを決めた。さらに64分にはドラクスラーが起点となり、ソロイの絶好機を演出。しかし、ここはソロイが無人のゴールを前にシュートを外し、同点のチャンスを不意にする。

巻き返すシャルケに対し、決定打の欲しいハノーファーは74分にフスティが相手GKに対するファウルで退場処分を受ける。一時的に10対10の戦いとなるが、85分にシャルケのフックスが2度目の警告を受け、ハノーファーが再び数的有利に。結局このまま点は入らず、2-1で勝利したハノーファが今季2勝目を挙げた。