乾貴士 最終節ウォルフスブルク戦インタビュー

日本代表MFのフランクフルトは5月18日、本拠で行われたブンデスリーガ第34節で同MFが所属するウォルフスブルクと2-2で引き分けた。フランクフルトは6位で今シーズンを終え、来季ELへの切符を手にした。試合後、乾がPKのシーンなどについて語った。

この試合の記事へ

長谷部インタビューへ



――お疲れ様です。おめでとうございます、ヨーロッパリーグ。

ありがとうございます、はい。

――どうですか?

いや、まあ・・・。特にないっすけど。

――きょうの試合に向けての意気込みは?

まあ、最後の試合なんで、いい結果で終わりたかったすけど、はい。

――前半から惜しいシュートがたくさんあった。

そうっすね、まあ決めないといけない・・・シーンでしたけど、それが決まらず。悔しさのほうが残っています。

――悔しさというのは、ゴールが決まらなかったという?

はい。

――(35分にPKとなった)長谷部選手との交錯シーンを振り返ると。

トラップがちょっとミスったんで、その分前に行くのが遅れて。ハセさん(長谷部)も追いついてきたんで、その前に入って、まあ、こけるしかないかなと思いました。

――前半、右サイドからのボールを上手くトラップしてシュートに持ち込んだシーンは?

あれは決めないといけないですね。

――狙いすぎた?

そうっすね。

――チームメイトは優勝したかのように喜んでいる。

まあね、2部から上がってきて、1年目でヨーロッパリーグっすからね。もちろんすごいと思いますし。みんな達成感かなりあると思うんで、喜ぶのは本当にいいことだと思います。

――乾選手は喜ばない?

おれは別に。はい。

――そうでもない?

そうっすね、悔しさのほうが。

――試合で決められなかったから?

はい。

――今シーズンを振り返るとどんなシーズンだった?

もっと結果を出さないといけなかったし、もっと結果を出したかったし。うーん、悔しい・・・1年やったかなという感じです。

――自分で成長したなという点は?

そうっすね、まあ、1対1の部分で勝てるようにもなりましたし、ドリブルで仕掛けたりというのが、まあこの1年でだいぶできるようになったので、あとはもっと上を目指してやりたいなと思います。