長谷部誠 最終節フランクフルト戦インタビュー

日本代表MFが所属するウォルフスブルクは5月18日、敵地で行われたブンデスリーガ第34節で同MFのフランクフルトと対戦し、2-2で引き分けた。長谷部は35分、ペナルティエリア内で乾を倒し、レッドカードで退場となった。試合後、長谷部がPKのシーンなどについて語った。

この試合の記事へ



――残念な形で今シーズン終わってしまいましたが。

長谷部 残念・・・、まあ、そうっすね。個人的には最後レッドカードもらってって感じだったので。シーズンいい形で終わりたかったですけどね(笑)。きょうの試合見てれば、普通にやってれば、うちのほうが全然いいチームだったし、(最後まで)11対11でやれば、間違いなくうちが勝ってたし。そういった意味ではチームには迷惑かけたなと思いますけどね、はい。

――退場というのは代表で1度ありましたが、レッズ時代には?

長谷部 ない、あ、まあ一発(退場)はないですね。

――クラブチームでは初めて?

長谷部 そうですね。

――退場のシーンまではいいパスも出せたし、安定感のあるプレーだったと思うが。

長谷部 まあ、それまではまだ良かったといえば良かったですけど、まあ、退場になったんで。それまでのあれも関係ないかなと思いますけどね。

――退場のシーンを振り返ってみると?

長谷部 まあ、あれは乾が上手かったと思いますね、はい。あの、僕はほぼもうよけたし、完全に乾がこう、PKをもらいに来たんで。あれは本当に乾が上手かったと思いますね。

――うまく倒れたと?

長谷部 そうですね。まあ非常に難しい判定だったと思いますけど、厳しい判定だったと思いますけど、でもこれがサッカーなんで。レフェリーも含めてサッカーなんで、はい。

――長谷部選手はベテランだし、気持ちの切り替えとかは大丈夫?

長谷部 うーん、まあ。来シーズンの最初に響く(※注:出場停止処分は翌シーズンに持ち越されるため)というのがね、ちょっと痛いですけどね。ただ、しょうがないですね、こればっかりは。

――今シーズンを振り返って。

長谷部 ほんとうに色々な経験ができて、最初はなかなか試合に出られなかったんですけど、そこから監督が代わって、えー、そこから2回監督が代わってね、試合出られるようになった。色々なポジションやって、個人的にはサッカー選手としてだけではなく、1人の人間として成長できたシーズンかなと思いますけど、はい。

――ドイツメディアでは来年の夏以降もウォルフスブルクに残るのでは? と報じられているが。

長谷部 まあ、契約があと1年あるんで、はい。監督とも話をしていますしね。監督が「これからも一緒にやっていきたい」という話をしてくれたんで、今はその気持ですけどね。あとはチームがどういう補強をするかとか。そういうのがいろいろあると思いますけど。ただ、1番はここだと思いますね。

――夏以降もウォルフスブルクでというのは、長谷部選手の中では。

長谷部 そうですね、パーセンテージのことは言えないですけど(笑)。あの、シーズンの準備期間でね、どれだけの選手が、多分14人の選手が帰ってきて、あのレンタルの選手がね。多分新しい選手も何人か取るだろうし、そういうのを見て。だから、今ははっきり何とかというのはあまり言えないですけどね、はい。

――もしすごくいいオファーが来たら、考えしまう可能性もある?

長谷部 それはサッカー選手なら可能性はいくらでもありますね。

――まだ代表の試合が残っているが、代表に選ばれたとして抱負を。

長谷部 シーズン終わりましたけどね、こっちで。代表はまだ、大事な試合たくさんあるんで、まだ終わったなという感じはしないですけどね。切り替えてやります。