2016/17シーズンの対戦カードが6月29日に発表された。当サイトではブンデスリーガの5人のレジェンドに開幕節のスコアを予想してもらった。

ゼップ・マイヤー

【プロフィール】
1962〜79年、バイエルン・ミュンヘンのGKとして3連覇を含む4度のブンデスリーガ優勝を経験。西ドイツ代表のゴールマウスを95試合守り、1974年にはW杯王者に輝いた。

「バイエルンとブレーメンという、素晴らしい開幕戦になりましたね。王者のバイエルンはホームのサポーターの前での試合となり、良いスタートが必要です。ですので、バイエルンの3-0での勝利を予想しました」

クラウス・フィッシャー

【プロフィール】
シャルケケルンなどでブンデスリーガ535試合に出場し、歴代2位となる268得点を挙げた名ストライカー。開幕節に通算13ゴールというブンデスリーガ記録を持つ。

「シャルケは前回のアイントラハト・フランクフルトとのアウェー戦、相手がとても守備的だったので、あまりゴールチャンスを得られませんでした。しかし、今回は異なる展開になると思います。シャルケは新監督が就任し、選手はそれぞれ、自分の力を証明したいはずです。きっと美しい試合になるでしょうし、シャルケが2-0で勝つでしょう」

カールハインツ・リードレ

 【プロフィール】
アウクスブルクドルトムント、ブレーメンなどでプレー。1997年にUEFAチャンピオンズリーグの決勝(ユベントス戦)で2得点を挙げ、ドルトムントを優勝に導いた。

 「開幕戦はもちろん、注目ですね。2つのビッグネームによる対戦です。ただ、残念ながら近年のブレーメンは昔ほど強くはありません。ですので、私はバイエルンが勝つと思います。ドルトムントはマインツという打開できる相手との対戦になりましたが、簡単にはいかないでしょう。それでも、ドルトムントが2-0で勝ちます」

ウーベ・ゼーラー

【プロフィール】
ハンブルガーSVの象徴的存在。ブンデスリーガ発足前から同クラブに所属し、ブンデスリーガ初代得点王の座に就いた。

「ハンブルクの前回のインゴルシュタット戦では、相手の方が良かったことを覚えています。でも、我々のチームは強くなっていると思うので、今回は2-1で勝ち切るでしょう。ハンブルクが勝てば私は満足ですし、静かにコーヒーを飲むことができます」

クリストフ・メッツェルダー

【プロフィール】
ドルトムントやシャルケ、ドイツ代表のDFの要として活躍。2013年に引退した。

メッツェルダー氏は古巣の良いスタート、ドルトムントはマインツに2-0、シャルケはアイントラハト・フランクフルトに3-1での勝利を予想している。