3年連続で国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)の世界最優秀GKに選ばれたバイエルン・ミュンヘンのマヌエル・ノイアーは、今季もバイエルンの一員として、いくつかの栄冠の獲得を切望している。そのノイアーがインタビューに応じ、後半戦の戦いや、先日の受賞、そして15歳の若きGKについて話してくれた。

—— バイエルンがブンデスリーガで首位を独走する中、タイトルの総なめに期待が集まっています。チームとして重きを置くのは、やはり欧州チャンピオンズリーグ(CL)での優勝なのでしょうか?

ノイアー 私はそうは思いませんね。われわれは、状況が激変することを知っています。つまり、もしも後半戦のスタートでつまづくようなことがあれば、突如として危機が訪れる可能性もある。過信は大敵です。ですから、ブンデスリーガとドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)での戦いは、非常に大切なのです。また、CLではユベントス(イタリア)との対戦が待っています。もちろん、相手もわれわれのことを警戒しているとは思いますが、バイエルンにとってもユベントスは強敵です。前半戦は多くの負傷者を抱えながら何とか好成績で乗り切ることができましたが、重要なのはこれ以上の離脱者が出ないことですね。もちろん、CLでの戦いを通じて特別な瞬間を味わえることは楽しみですよ。

—— ジョゼップ・グアルディオラ監督が今季を最後にミュンヘンを去ることが決まりました。それでも変わることなく、後半戦で勝利を重ねることができるでしょうか?

ノイアー それは監督のため、そしてチームのための望みでもあります。もちろん保証などはないのですが、チームとして後半戦で改めて成功を重ねていくために、監督がバイエルンに残ることになっていた場合と変わりなくトレーニングに励み続けます。

「心から感謝しています」

——3年連続で受賞された世界最優秀GKの称号についてお聞かせください。

ノイアー とても嬉しいですし、誇りに思っています。3度も表彰してもらえたことは非常に光栄です。バイエルンとドイツ代表のチームメイト、そして私を指導してくれた全てのコーチに心から感謝しています。

——相手を圧倒することの多いバイエルンのGKとして、例えば1試合に2度だけゴールマウスにシュートが飛んで来るような試合中、どのような心構えをされているのでしょうか?

ノイアー それに対して特別なプログラムはありません。大切なのは90分間、集中力を保つための精神的な持久力です。例えば、何事もなく試合が進み、70分に初めてシュートを受けなくてはいけない場合などは難しさもありますが、それでも集中力を研ぎ澄ませて、そのシュートを防がなくてはならないのです。オリバー・カーンは現役時代に、そのような場面を何度も見せてくれました。

「靴を貸し出すことはできません」

——今回のウィンターブレークでの合宿には、育成部門から15歳のGKクリスティアン・フリュヒトルが参加し、あなた方と一緒にトレーニングをこなしました。15歳にして193cmと長身で、足も大きいということですが?

ノイアー 靴のサイズは48と2/3(日本のサイズで約31cm)ですよ。思わず確認してしまいましたから(笑)彼には靴を貸し出すことはできませんね。私が15歳の頃は、彼よりも頭ひとつ半ほど小さかったと思います。

——彼は練習中、あなたの動きに釘づけだったのでは?

ノイアー それは、ごく当たり前のことですよ。私が若い時も同じように、経験豊富なプロのGKの一挙手一投足を見逃さないようにしていましたから。彼は、キャンプを通して同僚のトム・シュターケとスベン・ウルライヒからも多くを学んだと思います。クリスティアン(フリュヒトル)は、とても意欲的に練習へ取り組みますし、注意深くて、説明されることにしっかりと耳を傾けられる選手です。

——彼の最大の強味は何でしょうか?

ノイアー身長ですかね(笑)もちろん、それだけではありません。若い選手の多くは、ジャンプの瞬間に地面からの反動をうまく利用することができないのですが、その点で彼は非常に優れています。体の使い方も、その身長と大きな足からは意外なほど巧みですね。簡単に習得できるものではありません。つまり、ポテンシャルは高く、大きな可能性を秘めています。ただし、選手として将来の成功を確信するには、まだ早過ぎますね。まだまだ努力を積まなくてはならないことを彼もしっかりと認識していますよ。われわれ経験のあるGKでさえも、日々の鍛錬を怠らないことを目の当たりにしていますからね。