バイエルン・ミュンヘンのGKマヌエル・ノイアーが1月8日、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)の世界最優秀GKに選ばれた。

同連盟は50カ国の編集者と専門家による投票を行い、ノイアーは188ポイントを獲得。2位のジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス/イタリア)の78ポイントを大きく引き離し、3年連続3回目の受賞となった。

ノイアーはドイツ人としては過去に3回(1999、2001、2002)受賞した元バイエルンのオリバー・カーン氏の記録と並んだ。同賞の最多獲得は、今回9位にランクインしたイケル・カシージャス(レアル・マドリード/スペイン、ポルト/ポルトガル)の5回となっている。

UEFAの2015ベストイレブン

また、ノイアーは欧州サッカー連盟(UEFA)が公式HPで行ったユーザー投票で、チームメイトのDFダビド・アラバとともに2015年のベストイレブンに選出されている。