昨季は最終節まで残留争いをし、降格圏内ギリギリの15位でシーズンを終えた原口元気が所属するヘルタ・ベルリンだが、今季は何かが違う。前半戦を終えて10勝2分5敗で3位につけ、このままいけば欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得も夢ではない。ここまで9得点を挙げ、ヘルタの攻撃力を牽引するエースのサロモン・カルーが、チーム好調の理由を当サイトドイツ語版のインタビューで明かしてくれた。

——サロモン・カルー選手、前半戦のヘルタの大躍進の理由を教えてください。

カルー 第一に、前節のマインツ戦のようにホームでの応援がどんどん増えていることですかね。オリンピア・シュターディオンで勝つたびに、自信がつきます。それにより、アウェーでもリラックスし、うまく試合に入ることができるんです。

——好調の起爆剤となった試合はあったのでしょうか?

カルー プレシーズンが現在の土台となっていると思います。そのときすでに、自分たちはもっとうまくプレーでき、良いシーズンになるだろうという予感がしてたんです。例えば、昨季は中盤の選手のクオリティーに欠け、なかなかシュートチャンスをつくることができませんでした。今季はそこが改善されていますし、敵陣で危険な場面を多くつくっています。FWの自分やベダド・イビシェビッチにとっては、ポテンシャルを発揮するのが精神的にもとても楽です。

新加入のダリダとイビシェビッチ

——夏にフライブルクから加入したブラジミール・ダリダ選手はどのような役割を果たしていますか?

カルー チームは中盤でボールをコントロールでき、クリエイティブなプレーをもたらしてくれる選手を必要としていました。ブラジミールはその点で際立っていますし、とても素晴らしい選手です。彼はボールを保持するのもコンビネーションプレーも好きですし、相手DFの隙を突くのがうまいです。彼とプレーするのは本当に楽しいですよ。

——数カ月前に比べると、カルー選手が前線で一人きりという場面が少なくなりましたね。

カルー もちろんですよ。ベダド・イビシェビッチが加入してから、2トップになりましたから。しかも、それが自分にかなりはまっているんです。このシステムにより自分の本領を発揮できますから。

「熱狂的な声が聞こえてくる、華々しいリーグ」

——前半戦を終えて、ヘルタがこれほど上位にいると思っていましたか?

カルー もちろん、思っていませんよ。自分たちはとにかく昨季よりは上を目指していたんです。それが、こんなにうまくいってしまった。

——ベルリンの街自体が盛り上がっていることを感じますか?

カルー ファンたちが国際大会(CL、欧州リーグ)の出場を望んでいることは感じますね。ただ、言わせてもらいたいのは、うまくいかなかった昨季だって、1試合平均して約6万の観客がオリンピア・シュターディオンに来てくれていましたし、それはとてもうれしかったです。ベルリンに住む人たちは、スポーツが好きですし、サッカーが好きです。だから、良い結果を出せば、より盛り上がるのは当然のことですね。

——ブンデスリーガに所属し、1年半が過ぎました。このリーグでプレーすることは幸せですか?

カルー もちろんです。ほとんどいつもスタジアムは満員で、熱狂的な声が聞こえてくる、華々しいリーグですから。観客たちは楽しんでいますし、それを味わいに来ます。退屈になることなんで一切ありません。

——オリンピア・シュターディオン以外で、どのスタジアムが印象的でしたか?

カルー ドルトムントとシャルケ、それからとても騒々しいバイエルンのスタジアムですね。アウクスブルクのスタジアムは小さいですが、雰囲気は最高でした。全てのアウェー戦が印象に残ってますよ。

ほっと一息

—ウィンターブレークに入りました。ちょうどよいタイミングでしょうか? それとももっと続けてプレーしたかったですか?

カルー 自分たちの調子は今とてもよいですが、ほとんどローテーションせずに戦ってきました。だから、足はだんだんと、確実に重くなっています。一息できるのはうれしいですよ。

——新年の願い事を教えてください。

カルー 健康と前半戦のように後半戦を戦うことです。そうすれば、必ず良い順位につけることができるでしょう。

ヘルタの前半戦総括へ

ヘルタ原口の前半戦総括へ