ハノーファーのミヒャエル・フロンツェック監督は12月2日、DF酒井宏樹が胃腸炎のため、第15節(12月4日)のシャルケ戦を欠場することを明言した。

酒井は11月中旬、W杯ロシア大会アジア2次予選で日本代表に招集された後、11月21日の第13節メンヘングラートバッハ戦は風邪のため、チームのアウェー遠征に帯同しなかった。第14節(11月28日)のホームで行われたインゴルシュタット戦ではベンチ入りしたが、出場はしていない。 

酒井の今季スタッツへ