ブンデスリーガ第23節が3月1日に行われ、清武弘嗣、酒井宏樹、山口蛍の所属する最下位ハノーファーウォルフスブルクに0-4で惨敗した。試合後、フル出場した酒井がインタビューに応じた。

——この大敗にがっかりされていますか?

酒井 サポーターに申し訳ないですけどね。すごくショックですし、ショックな敗戦でしたし、サポーターに恩返しするには勝つしかないので、僕たちは。前を向いていくしかないと思います。

——そのようにポジティブに考えられるのは?

酒井 もちろん、すごく厳しい現実、厳しい状態なのは分かっていますけど、それでも残留というのが僕たちの大きな目標なので、そこに向けてやり続けるしかないですし、立ち止まっても意味はないので、チーム一つになってやるしかないと思います。

——次節ブレーメン戦は最後のチャンスでは?

酒井 もちろんです。あっち(ブレーメン)も残留争いをしていますし、僕たちは勝たないといけないし、なにしろダービーですしね、僕たちはプロですから。自分たちのファンを悲しませて帰るわけにはいかないので、しっかり勝ち点3を取ってハノーファーに帰ってきたいと思います。

この試合の記事へ