ブンデスリーガ第10節最終日は10月25日に各地で2試合が行われ、香川真司が所属するドルトムントは、ホームにアウクスブルクを迎え、5ー1で勝った。香川はフル出場し、2アシストを記録する活躍だった。

ドルトムント 5ー1 アウクスブルク

先制点が生まれたのは18分、高い位置までオーバーラップしていたギンターがペナルティーエリア内へグラウンダーパスを送ると、カストロがダイレクトでギュンドアンへ。そこから逆サイドにセンタリングを入れ、オバメヤンがシュートを押し込んだ。その3分後、香川が左サイドでDFをかわし、ゴール前にグラウンダーのセンタリング。ニアサイドでロイスが合わせ、ドルトムントが2点目を決める。さらに33分、ペナルティーエリア内に走る香川へギンターがパス。香川がボールをうまく収め、ヒールキックでロイスに預けると冷静にネットを揺らし3-0とする。前半は香川が2アシストを記録し、3点差のままハーフタイムへ。

後半開始直後の49分、ウェアナーがFKを蹴ると、ボバディアがヘディングシュートを決め、アウクスブルクが1点を返す。しかし試合はその後落ち着きを見せ、時折ドルトムントがゴール付近まで攻め込むが、決定的なシーンは生まれない。しかし85分、香川が左サイドに開いていたラモスにパスを出すと、ラモスはシュート性のボールをゴール前に送り、逆サイドでオバメヤンが押し込んで4点目を決める。さらに90分にも香川のパスからオバメヤンがDFに寄せられるも、ボールを失わずシュートを決め、試合は5-1で終了した。

香川のインタビュー記事へ