ブンデスリーガ第22節最終日が2月21日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは敵地でレーバークーゼンに1-0で競り勝った。香川はベンチ入りするも出場の機会はなかったが、試合後にインタビューに応じた。

ーーよく勝ったなという感じでしょうか?

香川 そうですね、辛抱してよく勝ったと思います。

ーー試合に出なかったのは、木曜日(2月25日)の欧州リーグ(EL)のことも考えてのことでしょうか?

香川 別に(それについてトゥヘル監督との)話はないですけど、まぁそう捉えて次に向けて準備します。

ーーもう意識は次のELに向かってるのでしょうか?

香川 そうですね、もう切り替えて。勝てたので、良かったと思います。

ーー試合が後半の途中に中断しました。

香川 いや、(最初)わけが分からなかったです。ようは1回、(シュミット監督が退席しないから)時間を置いたってことですよね?

ーー何の説明もなくロッカーに入ったのですか?

香川 その流れに任せてましたね。まぁ監督が軽くしゃべって。まぁ(中断時間も)そんなに長くなかったから。

この試合の記事へ