ホッフェンハイムは2月11日、同クラブU-19チームを率いていたユリアン・ナーゲルスマン氏がトップチームの監督に就くことを発表した。同氏は2016/17シーズンから監督に就任することが決定していたが、フープ・ステフェンス前監督が健康上の理由で退任したこと受け、前倒しでの登板となった。ナーゲルスマン氏は現在28歳で、ブンデスリーガ史上最年少監督となる。

(1)20歳で現役引退

1987年7月23日、バイエルン州ランツベルク・アム・レヒ生まれ。ユースチーム時代はアウクスブルク1860ミュンヘンに所属。2006/07シーズンには1860ミュンヘンの2部チームに昇格したが、負傷により公式戦に出場することはできなかった。翌年、アウクスブルクの2部チームに移籍するが、ここでもけがに悩まされる。その後、ひざの手術を受けたが、20歳で現役を引退した。

(2)トゥヘル監督の影響

若くして現役引退を余儀なくされたナーゲルスマンは、当初はサッカーとの関わりを断とうと思っていた。それでも、アウクスブルクとの契約が残っていたため、当時2部チームを指揮していたトーマス・トゥヘル監督(現ドルトムント)はナーゲルスマンに対戦相手のスカウティングを担当させる。これが、人生のターニングポイントとなった。これを境に、ナーゲルスマンはサッカー指導者になるために全てのエネルギーを捧げるようになった。「トゥヘル監督の下、1年間でとても多くのことを学んだ。トゥヘル監督は自分のキャリア選択に大きく影響した」とナーゲルスマンは話している。

(3)史上最年少監督としての栄光

1860ミュンヘンのU-17チームでコーチとして働いた後、2010/11シーズンにホッフェンハイムに移る。ここで育成に関わるさまざまな部門を経験し、コーチとしてトップチームにもしばし関わるようになった。2013/14シーズンから同クラブU-19チームを率いると、同年にチームをU-19年代のドイツクラブ王者に導く。ナーゲルスマンは当時26歳。同大会史上最年少の優勝監督となった。

 

(4)グアルディオラ系、それともモウリーニョ系?

ナーゲルスマンはあるインタビューでバイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督について、「彼の立ち居振る舞い、服装、対戦相手の監督や審判へのあいさつの仕方はとてもスタイリッシュだ」と答えている。また、「グアルディオラ監督は毎秒、チームを向上させようとしている。彼は6-0の状況であっても、まだ大声で叫んでいる」とも話している。ただ、ナーゲルスマンはとても緻密であることから、レアル・マドリード(スペイン)やチェルシー(イングランド)を率いたジョゼ・モウリーニョ監督に近いことを元ドイツ代表のティム・ウィーゼは示唆している。

(5)模範的

サッカー選手のかたわら、大学で経営経済学を学んでいた。「でも、すぐに自分の世界じゃないって気づいたんだ」とナーゲルスマンは明かしている。しかし、指導者の勉強では、模範的な生徒だった。2013年、残留争いをするホッフェンハイムのコーチを務めながら、A級ライセンスを取得。成績は最高得点だった。プライベートでは息子のマクシミリアン君が生まれ、公私ともに充実している。

ブンデスリーガ最年少監督ランキングのフォトギャラリーへ