ノイアー受賞ならず

国際サッカー連盟(FIFA)は1月12日、2014年の世界年間最優秀選手(バロンドール)を発表し、クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/スペイン)が2年連続で受賞した。

ロナウドは37.66%の投票を獲得。2位は15.76%のリオネル・メッシ(バルセルナ/スペイン)で、バイエルン・ミュンヘン所属のGKは15.72%で3位となった。

また、ドイツ代表のヨアヒム・レーフ監督が年間最優秀監督を初受賞した。

リーグ協会、DFLの両トップのコメントへ