フランクフルトは引き分け 第2節2日目結果一覧

ブンデスリーガ第2節2日目は8月30日、各地で下記の6試合が行われた。


レーバークーゼン 4-2 ヘルタ・ベルリン公式記録

とのヘルタは敵地でレーバークーゼンと対戦し、オウンゴールで先制したものの逆転負けした。細貝は先発し76分までプレーした。前半はPKの好機できっちり決めて1-0で折り返したが、後半4失点を喫し2-4で敗れた。


シュトゥットガルト 0-2 ケルン公式記録

とのケルンは敵地でが所属するシュトゥットガルトと対戦し、快勝で今季初白星を挙げた。大迫はトップ下で先発し、自身ブンデスリーガ初得点となる先制ゴールを決め85分に退いた。左SBで先発した酒井はいいパフォーマンスが見せられず77分で交代となった。リハビリ中の長澤は欠場した。(この試合の詳細記事へ


ウォルフスブルク 2-2 アイントラハト・フランクフルト公式記録

乾貴士長谷部誠フランクフルトは敵地でウォルフスブルクと勝ち点を分けた。乾はトップ下でフル出場し、FKから相手の同点に追いつくオウンゴールを誘うなど得点に絡む活躍を見せた、長谷部は守備的MFとして先発、84分までプレーした。(この試合の詳細記事へ


シャルケ 1-1 バイエルン公式記録

内田篤人が所属するシャルケは本拠に王者バイエルンを迎え、1-1で引き分けた。負傷中の内田は欠場した。早くも10分、レバンドフスキのゴールで失点したシャルケは前半はボールを奪えず、攻撃の糸口を探るのみ。それでも62分にヘーベデスのゴールで同点に追いつくと、その後はしっかりと守備に徹して王者バイエルンから貴重な勝ち点1を奪った。


ハンブルガーSV 0-3 パーダーボルン公式記録

昇格組パーダーボルンは、敵地でハンブルク戦に臨んだ。29分のカシュンガのゴールを皮切りに、68分にはブランチッチ、87分にはシュトッペルカンプがそれぞれ追加点を決めブンデスリーガで初白星を挙げた。


ブレーメン 1-1 ホッフェンハイム公式記録

前節ヘルタと引き分けたブレーメンは、本拠でホッフェンハイムとの一戦を迎えた。前半は相手の勢いに押され、好機を作り出せない展開。19分に失点し、0-1でハーフタイムに突入する。後半はうまくボールを保持し、攻撃を繰り返す。絶好機が続いたが、ゴールは59分ガルフェスが決めた1点に留まり、同点で試合終了となった。