フランクフルト、ウォルフスブルクと引き分け

ブンデスリーガ第2節2日目は8月30日に6試合が行われ、とのアイントラハト・フランクフルトは敵地でウォルフスブルクと対戦し、2-2で引き分けた。長谷部は守備的MFで先発し、84分までプレーした。乾はトップ下でフル出場し、23分には相手のオウンゴールを誘うFKを蹴るなど主に攻撃で貢献した。

ウォルフスブルク 2-2 フランクフルト公式記録

フランクフルトは序盤、なかなか好機を作り出せない。15分、ナルドにFKを直接決められ失点する。しかし23分、乾のFKが相手DFユングに当たってゴールネットを揺らし、同点。40分、ピアソンがゴール前でGKグリューンのミスパスを拾って絶好機を迎えるも、シュートは枠外へ飛ぶ。後半は相手にボールを保持され、なかなか攻めに転じることができない。79分にはアーノルドのゴールで再び失点するが、ここで勢いを落とさずに反撃。85分には、途中出場したカドレツがピッチに立ってからわずか1分で同点ヘッドを決める。終盤も相手に攻め込まれたがなんとか失点を防ぎ、勝ち点を分けた。


シュトゥットガルト対ケルンの試合記事
第2節2日目の結果一覧