ディエゴ、ナルドに続き練習欠席

日本代表MFが所属するウォルフスブルクが、第25節フライブルク戦を前に人員問題に頭を抱えている。

5日(火)の午前の練習で、、に続いて風邪の影響でも不参加となった。ヘッキング監督によれば、2~3日の休養が必要だという。

ディエゴは午前中、足首負傷のためMRI検査を受けたが大きな心配は必要ないという。「足はそれほど腫れていないし、土曜の出場に関しては心配していない」とヘッキング監督は明らかにした。ディエゴ自身も「足首を捻ったけど、フライブルクではプレーできる程度の軽い怪我」としている。ナルドは大腿部肉離れのため、長期欠場が決定している。