第21節バイエルン戦終了後

2月11日「内田、肉離れと診断」の記事へ

日本代表DF内田篤人の所属するシャルケは9日、アウェーで挑んだ王者バイエルンに0-4で敗れた。内田はメンバーを外れたが遠征には同行し、試合後インタビューに答えた。


――今日の欠場の理由は?

内田 腿裏の張りが強くて、「次やったら(肉離れしたら)3ヶ月ないよ(欠場することになる)」と言われたのでやめておいた。


――代表戦の時から兆候はあった?

内田 代表戦の時はなかった。今までは試合の間隔が1週間空いてたからなんとかなってたけど、やはり中2日、3日だと張りが出てくる。


――欠場の決定が下ったのは今日?

内田 今日どんな調子かを見て決めるということになっていた。それで張りがあったから...。


――怪我人も多く、チーム状況は厳しいが。

内田 今日は俺を含めて何人か替わっていた。ただシーズンは長いのでこういう時期はある。選手層も含めてチームの力。バイエルンはベンチにいい選手がいるし、その点で差はあるかもしれない。


――不調の原因は?

内田 一度勝ったり、点が入ったりすれば流れは変わると思う。


――今日は3ボランチに変更して望んだが、効果は薄かった。

内田 最初は(守備を)固めていたが、点が入ってしまうと、自分たちも前に出なきゃいけなくなる。そうすると向こうのペースに...。


――負けた後、ロッカーでの雰囲気というのは?

内田 いつもと変わらない。


――次節はマインツ戦で、そのすぐ後にチャンピオンズリーグが待ち構えているが。

内田 こういうときは結果が出れば、空気も変わる。


――チームが自信を失っているようだが。

内田 上手くいってないときのチームはこんな感じ。


――新加入の選手は?

内田 頑張ってる。ディフェンスも良くやってる。