Summary

  • ブンデスリーガ・ワールドツアー、フランクフルトが米国滞在中
  • テストマッチ第1戦、シアトル・サウンダーズ戦は1ー1ドロー
  • 鎌田は先発、長谷部は出番なし

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは7月8日、ブンデスリーガ・ワールドツアーで滞在しているシアトルで、シアトル・サウンダーズ(米国)と対戦し、1ー1で引き分けた。鎌田は先発から70分までプレー、長谷部に出場機会はなかった。

試合は29分、ブラニミール・ルゴタのゴールでフランクフルトが先制するも、前半終了間際の44分に、米国代表で130試合以上に出場したクリント・デンプシーが同点ゴールを決めた。その後、55分に一挙5人を交代し、さらにその5分後にも新たに2人を投入するなど、後半序盤にテコ入れを図ったフランクフルトだったが、効果的な攻めを構築することはできず、このまま引き分けで試合終了となった。

フランクフルトは9日から13日までカリフォルニア州チュラビスタで合宿を行い、14日にサンノゼ・アースクエイクス(米国)とテストマッチを実施する。

「ブンデスリーガ・ワールドツアー」の特設ページはこちら