ブンデスリーガ所属の日本人選手がチームメートに日本語をレッスン!第3弾はドルトムントの香川真司がドイツ代表のアンドレ・シュアレと挑戦。英語も流暢に話すシュアレはあっという間に難易度5まで到達した。