残留危機にあえいでいたフランクフルトの指揮官を引き継いだコバチ監督(写真) - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
残留危機にあえいでいたフランクフルトの指揮官を引き継いだコバチ監督(写真) - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

コバチ監督「成功を収められる」

5月19日、ブンデスリーガ入れ替え戦の第1戦が行われ、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトは本拠地でブンデスリーガ2部3位のニュルンベルクと対戦する。

14日に行われた第34節、自動残留が目前に迫っていたフランクフルトは、終了間際の88分に失点を喫し、ブレーメンと順位が入れ替わってしまった。対するニュルンベルクは2位ライプツィヒを得失点差では上回ったものの、勝ち点が2及ばず、3位となってしまったが、最後の2試合をともに白星で終え、勢いは十分。フランクフルトにとっては非常に手ごわい相手である。

両クラブにとって重要な一戦を前に、当サイト独語版はフランクフルトのニコ・コバチ監督とのインタビューに成功。入れ替え戦に臨む意気込みを語ってもらった。

- © gettyimages / Dennis Grombkowski

「真の男であればもう1度立ち上がる」

- © gettyimages / Hofmann

「マイヤーは我々のオプション」