上々の出来栄え、シャルケの第12節までをチェック!
上々の出来栄え、シャルケの第12節までをチェック!
ブンデスリーガ

中間査定:(3)シャルケ

2015/16シーズンのブンデスリーガもすでに3分の1が経過した。当サイトでは中間査定と題し、日本人選手が所属するクラブの第12節までを振り返る。第3回は内田篤人が所属するシャルケをクローズアップ。

チーム状況

第6節から第10節の間は3位につけていた。現在は5位だが、勝ち点20は4位のヘルタ・ベルリンと同数だ。アンドレ・ブライテンライター新監督の下、第12節までは上出来だったといえる。ルールダービーでもドルトムントに2−3と敗れはしたがシャルケの善戦は光り、試合はサッカーファンを魅了するものとなった。次のバイエルン戦で王者を苦しめることができるか注目だ。そのシャルケの課題は『決定力』。1得点を挙げるために要するシュート数は13本と、シュート成功率が極めて低い。この課題の改善が今後の順位に反映されていくだろう。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

トップデータ

    セットプレーからシュートにつなげた回数が、61回とリーグ最多CKからの得点率はリーグ最高。14回のCKで1ゴールが生まれる確率明らかなミスからの失点はゼロと、DFにおける集中力の高さを示している

- © imago

ベストプレーヤー:レロイ・サネ

内田篤人

中間査定のリンク集へ