山あり谷ありだった、フランクフルトの第12節までをチェック!
山あり谷ありだった、フランクフルトの第12節までをチェック!
ブンデスリーガ

中間査定:(5)フランクフルト

2015/16シーズンのブンデスリーガもすでに3分の1が経過した。当サイトでは中間査定と題し、日本人選手が所属するクラブの第12節までを振り返る。第5回は長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトをクローズアップ。

チーム状況

フランクフルトのこれまでの戦いは、まるでジェットコースターのようだった。絶好のスタートを切り、第4節までに勝ち点7を獲得したが、その後の5試合は勝利から遠ざかる。 そして、ここ3試合ではまたも上り調子で負けがなく、勝ち点5を積み重ねた。アルミン・フェー監督のカムバックで、フランクフルトの守備は明らかに安定感を増している。昨季の同じ時期にはすでに24失点していたのだが、今季は5失点したメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦を除けば失点は12に納まっている。一方、攻撃面ではまだまだ改善の余地を残しており、総シュート数133本とリーグでワースト5位。決定的なチャンスの数も14回に留まっている。

トップデータ

    フランクフルトはカウンターからのゴール率が非常に高かった。カウンターからの得点は6点で、ホッフェンハイムの7点に次ぐリーグ2番手だった試合開始15分以内に奪った得点が3点と、こちらもホッフェンハイム(4点)に次ぐナンバー2決定的なチャンスの場面での得点率が高く、ハノーファーの75%に次いでリーグで2番目の71%だった

- © gettyimages / Daniel Kopatsch

ベストプレーヤー:アレクサンダー・マイヤー

長谷部誠

中間査定のリンク集へ