近年成長著しいウォルフスブルクについて紹介する - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
近年成長著しいウォルフスブルクについて紹介する - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ウォルフスブルクについて知っておきたい5項目

ウォルフスブルクについて紹介する。

(1)親会社

ウォルフスブルクというクラブを語る上で避けて通れないのは、親会社フォルクスワーゲンの存在だ。本拠地から約1kmのところに同社の巨大な工場が建設されており、また、サッカーに熱を入れるマーティン・ウィンターコーン氏がフォルクスワーゲンのCEOに就任してからというもの、クラブはこの大企業から強力なバックアップを得て、補強に巨額資金を投入。ブンデスリーガの常連にまで成長した。

- © gettyimages

(2)ブンデスリーガ制覇

(3)夢の2トップ

リーグ優勝に多大な貢献を残したのは、やはりエディン・ジェコとグラフィッチという夢の2トップだろう。この年、グラフィッチは28ゴール、ジェコは26ゴールをそれぞれマークし、その勢いはどのクラブも止められなかった。2015/16シーズンにバイエルン・ミュンヘンのロベルト・レバンドフスキが30ゴール、トーマス・ミュラーが20ゴールを決めているが、グラフィッチ&ジェコのシーズン54ゴールというブンデスリーガ史上最多の記録には到達できなかった。

(5)心のナンバー10