ギンターによると、ドルトムントはチーム全員の力を結集し、過密日程を乗り越えた - © gettyimages / Grombkowski/Bongarts
ギンターによると、ドルトムントはチーム全員の力を結集し、過密日程を乗り越えた - © gettyimages / Grombkowski/Bongarts
ブンデスリーガ

ギンター「今は、誰が出場するかはではなく」

ドルトムントはブンデスリーガ第31節の4月23日、敵地でシュトゥットガルトに3-0で快勝した。ドルトムントが敗れた場合、首位バイエルン・ミュンヘンの優勝が決定する可能性があったが、それを阻止している。試合後、フル出場したマティアス・ギンターがインタビューに応じた。

——シュトゥットガルトに3-0で危なげない勝利を収めました。ギンター選手自身の安定したパフォーマンスも素晴らしかったです。満足されているのではないでしょうか?

ギンター はい、もちろんです。シュトゥットガルトを完全に圧倒でき、とてもうれしいです。順当な勝利だったと思います。

——トーマス・トゥヘル監督は4月20日のドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)準決勝のヘルタ・ベルリン戦(マッチレポート)からまたメンバーを変えてきました。選手にとって、それはもう普通のことなのでしょうか?

ギンター 前回の出場メンバーから今回は3、4人しか変更していないので、この前のような完全なるローテーションではありませんでした。チームはトレーニングから全力を出しているので、監督は自分たちがよく準備し、良いメンバーがそろっていることを分かっています。今は、誰が出場するかはではなく、自分たちがどのようにプレーするかが重要です。自分たちはメンバーを変更しても勝つことができているので、とてもうれしいです。 

- © gettyimages / Adam Pretty/Bongarts