マインツに現れたニューヒーロー武藤(写真)についての10項目を紹介する - © © gettyimages / Simon Hofmann
マインツに現れたニューヒーロー武藤(写真)についての10項目を紹介する - © © gettyimages / Simon Hofmann
ブンデスリーガ

マインツFW武藤について知っておきたい10項目

FW岡崎慎司が抜けた2015年夏、マインツにとって前線の補強は至上命題だった。そこに現れたのは、岡崎と同じ極東からの“新星”武藤嘉紀。当初はサイドアタッカーとしての起用が見込まれていた同選手は、マーティン・シュミット監督にその得点能力を買われ、今や同クラブの1トップに君臨。渡独1年目ながら、トップ下のユヌス・マリとともにゴールを量産している。そんな武藤について、改めて知っておきたい10項目を以下にまとめた。

- © gettyimages / Marashi Hara

1.サッカーとの出会い

4歳の時に地元クラブ「バディSC」に入団しサッカーを始める。その後、同クラブに在籍しながらFC東京のサッカースクールにも通い出し、中学進学と同時期にFC東京Uー15深川に移籍。プロクラブの下部組織で、日々鍛錬を続けた。

- © gettyimages / Atsushi Tomura

2.トップチーム昇格を固辞

高校入学時にFC東京Uー15から同Uー18へ順調に昇格し、その屈強なフィジカルとボール運びのうまさからSBにコンバートされることもあったが、前線の選手としてプレーすることを直訴。攻撃的なポジションでさらに腕を磨いた武藤にはトップチーム昇格の話も舞い込んだ。しかし当時はプロでやっていける自信がなく、これを固辞し、大学サッカーで再び鍛え上げる道を選択している。

- © gettyimages / Masashi Hara

3.大学サッカー

慶應義塾大学ではソッカー部に所属し、1年生ながら試合でゴールを決め続けた。その後、ひざの半月板を損傷するが、離脱していた時期に上半身を中心に肉体を強化。もともと強かったフィジカル能力がさらに向上し、一回り大きくなってカムバックを果たすと、同部の主力として活躍し、大学2年時には古巣FC東京に特別指定選手として登録された。

- © gettyimages
- © imago / Eßling
- © gettyimages / Alexander Hassenstein