ブンデスリーガ開幕戦で生まれた事件を紹介する
ブンデスリーガ開幕戦で生まれた事件を紹介する
ブンデスリーガ

ブンデスリーガ開幕戦事件簿

ハイネマンのカード祭

あす、6月29日には2016/17シーズンの組み合わせが発表され、約2カ月後の8月26日には来季のブンデスリーガがついに開幕する。そこで本稿では、過去の同リーグ開幕戦をプレーバック。そこで起こった事件の数々を以下に紹介していく。

1999/2000シーズン開幕戦のカイザースラウテルン対ドルトムントでは、ベルント・ハイネマン主審の手から多数のカードが出された。内訳はイエロー9枚、そしてドルトムントのセルゲイ・バルバレスにはレッドカード。ブンデスリーガ開幕戦の歴史で、最多のカードが見られたゲームである。

- © imago / Camera 4
- © imago / WEREK