フランクフルトの長谷部(左から2番目)は「一番大事なのは結果」としながらも、プレーの「クオリティーを上げていきたい」と話している - © © gettyimages / Nigel Treblin
フランクフルトの長谷部(左から2番目)は「一番大事なのは結果」としながらも、プレーの「クオリティーを上げていきたい」と話している - © © gettyimages / Nigel Treblin
ブンデスリーガ

長谷部「もっといいパスも出したい」

10月24日に行われたブンデスリーガ第10節で、長谷部誠の所属するアイントラハト・フランクフルトは敵地では清武弘嗣と酒井宏樹の所属するハノーファーに2-1で逆転勝ちした。試合後、フル出場した3選手がインタビューに答えた。

- © gettyimages / Nigel Treblin

【長谷部誠】

――6試合ぶりの勝利となりました。

長谷部 あまり良いゲームをしているとは思えないですけどね。ただ、その中でも勝ったということは非常に大きかったと思います。

――5試合勝てていなかったですが、雰囲気も難しかったと思いますが?

長谷部 きょうなんかも、ディフェンシブにシステムを変えてプレーしましたし、その中でなかなかうまくゲームを進められなかったです。ただ、一番大事なのは結果なので、とりあえず結果が出たことは良かったと思いますけど、もう少しいいサッカーをしていかなければいけないと思います。

――いいサッカーをするという点で、SBとして何か心がけているプレーはありますか?

長谷部 現代サッカーではSBが起点になることが多いので、そういうところでもっといいパスも出したいし、もう少しクオリティーを上げていきたいですね。

- © gettyimages / Nigel Treblin

【清武弘嗣】

【酒井宏樹】