ブンデスリーガ第30節全9試合の注目データを試合ごとに紹介する
ブンデスリーガ第30節全9試合の注目データを試合ごとに紹介する
ブンデスリーガ

第30節の注目データ、全9試合を紹介!

ハノーファーメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)
ボルシアMGのラース・シュティンドルは昨季までキャプテンを務め、131試合に出場した古巣と対決する。

ホッフェンハイムヘルタ・ベルリン
前半戦はシュート1本に終わったヘルタが勝利した。得点は相手オウンゴールによるものだった。

ダルムシュタットインゴルシュタット
両クラブともセットプレーからの得点が多く、インゴルシュタットは52%、ダルムシュタットは47%の割合でリーグトップクラス。

アウクスブルクシュトゥットガルト
アウクスブルクはホームで5試合白星がない。

レーバークーゼンアイントラハト・フランクフルト
ブンデスリーガで過去対戦した61試合で、一度もスコアレスドローに終わったことがない。

ブレーメンウォルフスブルク
ウォルフスブルクがアウェーで一番多くの勝利を挙げているのが、ブレーメン戦。

バイエルン・ミュンヘンシャルケ
バイエルンはシャルケとの公式戦直近10試合で負けがない。

ドルトムントハンブルガーSV
2012年夏以降、ハンブルクはドルトムントに5勝している。

マインツケルン
マインツはケルンとのリーグ直近4試合を無失点に抑えている。