ドルトムントのフメルスは来季の移籍希望を明らかにした直後のホーム戦に臨んだ - © gettyimages / Sascha Steinbach/Bongarts
ドルトムントのフメルスは来季の移籍希望を明らかにした直後のホーム戦に臨んだ - © gettyimages / Sascha Steinbach/Bongarts
ブンデスリーガ

フメルス「全てのことがとても感情的になっている」

ドルトムントの主将マッツ・フメルスは4月28日、来シーズンのバイエルン・ミュンヘンへの移籍を希望していることを明らかにした。そのわずか2日後に行われたブンデスリーガ第32節ウォルフスブルク戦でフメルスはフル出場し、チームの勝利に貢献。しかし、ホームのジクナル・イドゥナ・パークのサポーターの様子は、通常とは異なっていた。試合後、同選手がインタビューで胸の内を明かした。

——ウォルフスブルクに5-1で圧勝しました。純粋にサッカーとしては、楽しい試合になったのではないでしょうか?

フメルス 自分たちは開始1分から素晴らしい試合をやってのけました。以前のウォルフスブルク戦で見つけたウィークポイントをうまく利用できました。この試合は完全に支配することができ、相手に多くのことはさせませんでした。ウォルフスブルクはゴールに入ってもおかしくないような、バーを直撃したシュート、FKから直接狙ったシュートもありまたけどね。きょうの自分たちのパフォーマンスは本当に最高でした。

——フメルス選手にとっては、サポーターの態度は最高ではなかったと思います・・・。

フメルス サポーターの態度、とは言えないと思います。前から自分のことを良く思っていない人たちが300人はいました。だから、彼らはきょうという日をスタンドでうまく利用したんですね。こういう状況はつきものです。でも、一言言わせてもらえれば、8万人がそのような態度を取っていたわけではありません。8000人にも満たなかったし、それよりもかなり少なかった。それに、その特定の小さなグループと自分の間には前例もありますし・・・。

——その人たちからののブーイングをどう受け止めましたか?

フメルス たぶん、まだ移籍していないにも関わらず、チームのサポーターからブーイングされた最初の選手でしょうね。クラブは選手の移籍の可能性が高まった場合、それをすぐに公にしなければなりません。その可能性とは51%以上のことを指します。今後、どのようなことが起こるのか、見守っていきましょう。 

- © gettyimages
- © imago / Eibner