ロッベンはドーハ合宿でチーム練習に合流し、後半戦からの復帰を望んでいる - © © gettyimages / Lars Baron
ロッベンはドーハ合宿でチーム練習に合流し、後半戦からの復帰を望んでいる - © © gettyimages / Lars Baron
ブンデスリーガ

ロッベン「ゼロから始めなければ」

長期離脱をしていたバイエルン・ミュンヘンのアリエン・ロッベンがまたグラウンドに戻ってきた。前半戦は7試合の出場にとどまったが、現在はコンディションを上げ、後半戦の再開を待ちわびている。バイエルンのベテランがタイトル獲得の展望、負傷中に同選手の穴を埋めた選手、退団が決定している恩師グアルディオラ監督について語った。

——長期離脱後、最近チーム練習に復帰しました。今の気持ちをお聞かせください。

ロッベン 今はとても良い感じですよ。自分の目標はこのドーハ合宿でトレーニングに完全復帰することでした。残念ながら3日ほど風邪で寝込んでしまいましたが。そんなはずじゃなかったんですがね・・・。今は良くなっていますし、またグラウンドの上に立って楽しくやっています。

——2015年を振り返ってください。

ロッベン 2015年が過ぎ去ってくれてうれしいですよ。実際、昨年の始まりは良かったんですけどね。3月、4月はトップコンディションでしたから。その後にまたけがをしてしまった。前半戦は自分にとってアンラッキーでしたね。だから、すでに過ぎ去ってよかった。またゼロから始めなければいけないって思っているんです。それは良いことです。早くウィンターブレークが終わって、けがをしないでこの先もいけるといいです。

——長期離脱中はいかがでしたか?

ロッベン サッカー選手であれば、いつでもサッカーをやりたいものです。サッカーができない、あるいはサッカーをしてはいけないというのは、相当のフラストレーションです。見学するだけの状況は、悔しいです。その一方で、チームがどれほどの成果を挙げているかを見るのは、楽しくもあります。自分たちはここまで素晴らしいシーズンを送っています。特にこの半年の間、チームはさらに成長しました。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

「1秒たりとも気を抜いてはいけない」

- © imago / Weber

ウィングのコスタ&コマン

- © gettyimages / Matthias Hangst

「いつ、この時間が終わってしまうか分からないから」

「監督ともっと一緒にやりたかった」