トプラク(左)は守備の要としてバイエルンを無得点に抑えた - © imago / Eibner
トプラク(左)は守備の要としてバイエルンを無得点に抑えた - © imago / Eibner
ブンデスリーガ

DFトプラク、第20節バイエルン戦後インタビュー

2月6日、ブンデスリーガ第20節のトップゲームとして、レーバークーゼンバイエルン・ミュンヘンが行われ、0-0のスコアレスドローに終わった。この試合でバイエルンの猛攻を耐え抜き、1対1勝率64%という高い数字を残したレーバークーゼンCBエーマー・トプラクが、インタビューに応じている。


――バイエルンと0-0という結果をどのように捉えていますか?

トプラク 素晴らしいゲームができたと思っている。チャンスをまったく与えなかったし、アグレッシブに高い位置から守備をすることができた。もちろん全員がしっかり走ったことも良かったね。僕らに多くのゴールチャンスはなかったけれど、バイエルンにとって難しい試合になったはずだ。

- © gettyimages

「世界でベストなチームと引き分けた」