戦列復帰直後から質の高いパフォーマンスを見せているロイス - © imago
戦列復帰直後から質の高いパフォーマンスを見せているロイス - © imago
ブンデスリーガ

ロイス「ワールドカップに行きたくないと言ったらウソになる」

ドルトムントのマーコ・ロイスがより強く、より聡明になって戦列に戻ってきた。2月初旬に259日ぶりにピッチに立つと、その後の5試合で2ゴールを記録。足踏みに思えたリハビリ期間も、本人は「選手として、人として自分をいい方向へ変えてくれた」と前向きに捉えている。華麗なる復活を遂げたロイスが現在の体調や今夏のワールドカップ、そして人生について率直な考えを語った。

復帰を果たしたハンブルガーSV戦について

ロイス 7カ月間、ほとんどボールを蹴っていなかったんだ。復帰戦でどんな気持ちだったかを言葉にするのは難しいね。2016年のケガを除けば、これほど長く試合から離れたことはなかった。チームに復帰し、試合に向けて準備する。ホテルに宿泊してバスでスタジアムへ向かう。離脱中には経験できなくて寂しい思いをしていた。また、こういう生活が戻ってきてうれしいよ。

度重なるケガについて

ロイス たくさんケガをして、何度も後れを取ることを我慢しなければならなかった。でも、それも人生だ。健康を維持し、ケガから立ち直ろうと毎シーズン全力で取り組んでいる。年を取れば取るほど、自分の健康状態を管理するということの責任が増していくんだ。常に自分の体について知っていなければならない。いいプレーをするために必要なことだ。でも、大抵の場合は前向きに考えている。ケガをした時でさえ、「どうして、自分だけが…」と言ったことはない。

リハビリ期間中の原動力は?

ロイス 最初はものすごく難しかった。シーズン開幕時はチーム練習のことなんて考えることすらできなかったし、リハビリで走り始めたのも遅かったからね。それだけ複雑なケガだったんだ。その後、試合を見に行ったけど、感情的にはチームと遠くに離れているように感じた。まだ3、4カ月はリハビリをしなければならないってこともよく分かっていたよ。でも、物事がいい方向に変わる時期が必ず来るって信じていた。それに家族やガールフレンド、友だちが助けてくれた。新しいこともやったよ。

- © imago
- © imago
- © imago / Moritz Müller