Summary

  • W杯欧州地区予選、ドイツが本拠地でノルウェーに6ー0圧勝
  • 次節にもドイツの予選突破が決定
  • ノルウェー戦後のドイツ代表関係者コメント

ロシア・ワールドカップの欧州地区予選が9月4日に行われ、ドイツ代表は本拠地でノルウェー代表と対戦し、6ー0で圧勝した。試合後のドイツ代表関係者のコメントは、以下の通りとなっている。

ヨアヒム・レーフ監督 ホームの観客がドイツ代表の試合にこれだけ盛り上がったのも、久しぶりのことなのではないでしょうか。素晴らしいコンビネーションプレー、そして素晴らしいゴールが見られましたね。チェコ代表戦の後、このチームにもっとスピリットを注入したいと言いましたが、今日の試合では走るコースも良く、多くのゴールチャンスを作り出すことができました。次から次へとゴールを決めることが、今日の我々の目標でした。今日の試合は、見ていて本当に楽しかったです。

トーマス・ミュラー チェコ戦の内容をしっかりと分析し、今日の試合にうまく役立てることができました。ただ、試合をうまく運ぶことはできましたが、今日のノルウェーよりも先日のチェコのほうが良い守備をしていましたね。

サミ・ケディラ 金曜のプラハでの試合よりも良いパフォーマンスを出そうと、我々はモチベーションにあふれていました。今日は開始から良いペースで試合が進み、そして90分間を通してそれが衰えることもありませんでした。今日は選手の誰もがしっかりとサッカーをしたいと思っていましたし、それは観客のみなさんにも伝わったのではないでしょうか。

© gettyimages / Alexander Hassenstein

ティモ・ウェアナー キックオフとともに、トップギアでプレーすることができました。先制点を奪ってからも、我々が攻撃の手を緩めることはありませんでした。ドイツ代表でコンスタントにゴールを決められて、本当にうれしいです。今日は(自分が以前プレーしていた)ホームスタジアムでしたし、特別なゲームでした。私のことを応援してくれたファンのみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

ユリアン・ドラクスラー プラハでは我々のベストな試合ができませんでしたし、シュトゥットガルトでの今日の試合は、なんとしてもファンに素晴らしいものをプレゼントしたいと思っていました。私のゴールシーンについてですが、最初はエジルにワンツーでボールを返そうと考えていました。しかし自分の周りにスペースがあったので、反転して自らシュートを打ちました。