日本はブンデスリーガでのプレー経験もある山口の得点でイラクに勝利した
日本はブンデスリーガでのプレー経験もある山口の得点でイラクに勝利した

日本が劇的アディショナルタイム弾でイラクを下す

10月6日、ワールドカップ・アジア最終予選のグループB第3戦が行われ、日本代表がホームでイラクに競り勝った。

日本 2-1 イラク

最終予選2試合を終えて1勝1敗のグループ3位につける日本は、ホームで是が非でも勝ち点3が欲しい試合。スターティングメンバーには酒井高徳(ハンブルガーSV)、長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)のブンデスリーガ勢3選手が名を連ねた。

序盤はアウェーのイラクペースで試合が進み、3分にアブドゥルアミールのヘディングシュートがポストを直撃する。日本の最初のチャンスは11分、岡崎慎司(レスター/イングランド)の落としから清武弘嗣(セビージャ/スペイン)がミドルを狙うが、このシュートはGKの好セーブに阻まれた。

それでも、このプレーで流れを引き寄せた日本が先制点を奪う。26分、右サイドで清武のパスを受けた本田圭佑(ミラン/イタリア)が、相手を十分に引きつけて外側を追い越す清武にパス。清武がグラウンダーで中央に折り返すと、ニアサイドに詰めた原口が技ありのヒールシュートでゴールに流し込んだ。