Summary

  • ドイツ代表、出発前に3日間のオフ
  • レーフ監督「深呼吸をするのは良いこと」

FIFAワールドカップ・ロシア大会に臨むドイツ代表のヨアヒム・レーフ監督は「深呼吸をするのは良いこと」と話し、3日間のオフを与えた。選手はこれを利用し、現在つかの間の休息を楽しんでいる。

トーマス・ミュラーはリサ夫人とバイエルン州の観光名所ノイシュバンシュタイン城へ赴き、レオン・ゴレツカは自宅ソファーの上でSNSを更新

アントニオ・リューディガーはヴィッセル神戸のルーカス・ポドルスキが経営するケバブ屋を訪れ、マヌエル・ノイアーはニーナ夫人とともにザウアーラントで乗馬を観戦した。