ヘルタ所属のワイザーがUー21欧州選手権の決勝戦での値千金のゴールを振り返った - © imago / ZUMA Press
ヘルタ所属のワイザーがUー21欧州選手権の決勝戦での値千金のゴールを振り返った - © imago / ZUMA Press
ブンデスリーガ

「どうやって入ったのか分からない」

若きドイツ代表がUー21欧州選手権の決勝でスペインを下し、2009年以来となる4大会ぶり2度目の優勝を成し遂げた。決勝の舞台で値千金の決勝ゴールを決めたのはヘルタ・ベルリンのミッチェル・ワイザー。身長176センチ、決してヘディングが得意とは言えない23歳が大きな仕事をやってのけた。

大興奮のゴールにチームメートは脱帽

均衡を破ったのは40分。右サイドから上がったクロスをニアサイドでうまく頭に当てると、ボールは相手GKケパ・アリサバラガの頭上を抜いてゴールに吸い込まれた。このゴールに本人は、「どうやってゴールに入ったのか全く分からない。とにかくツキが味方してくれた」と大興奮だったが、チームメートのマックス・マイヤーも「どうやったらあんな角度からヘディングで決められるんだろうね」と脱帽。いずれにせよ、この1点はワイザーにとってこれまでのキャリアの中で最も貴重なゴールとなった。

- © imago
- © imago / Bernd König
- © gettyimages / Nils Petter Nilsson/Ombrello