ボルシアMGに先制を許したシャルケだったが25分にブルクスタラーが同点弾。1ー1で1stレグを終えた - © imago
ボルシアMGに先制を許したシャルケだったが25分にブルクスタラーが同点弾。1ー1で1stレグを終えた - © imago
ブンデスリーガ

EL16強1stレグ、シャルケは本拠地で1ー1ドロー

3月9日、欧州リーグ(EL)ベスト16ファーストレグが開催され、内田篤人が所属するシャルケは本拠地でメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)と対戦し、1ー1で引き分けた。内田はベンチ外だった。

シャルケ 1ー1 ボルシアMG

開始2分、最初のシュートチャンスを迎えたのはシャルケだった。ペナルティーエリア右でボールを持ったゴレツカが中へ切り返し、DFを外して左足を振り抜いたが、ボールに勢いはなくGKがキャッチしている。

しかし先制点を奪ったのはボルシアMG。15分、シュティンドルが左から中央へ流れながら前線にスルーパスを送ると、縦に走り込んだホーフマンがGKフェアマンの股下を通すシュートを決めた。

だがシャルケも25分、素早く前線にボールを運び、ゴレツカが右前方へ縦パス。中央から流れてきたブルクスタラーが、難しい体勢からネットを揺らし、試合は1ー1の振り出しに戻る。

- © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos
- © imago