Summary

  • EL準々決勝第1戦、ライプツィヒ対マルセイユ
  • 両チームは公式戦初顔合わせ
  • ライプツィヒは現在公式戦6戦無敗

4月5日に行われる欧州リーグ(EL)の準々決勝でライプツィヒがフランスのマルセイユと対戦する。ライプツィヒはホームでのファーストレグをモノにし、欧州カップ戦初出場でベスト4進出の快挙を成し遂げることができるか。

最新情報

ライプツィヒは現在公式戦6戦無敗。ブンデスリーガでは第27節のバイエルン・ミュンヘン戦(2ー1)、第28節のハノーファー戦(3ー2)で連勝を飾った。ハノーファー戦では昨年11月以来得点がなかったエミル・フォースベルクに久しぶりのゴールが生まれた。また、インターナショナルウィーク中に腰を痛めたナビ・ケイタもフル出場を果たしている。マルセイユ戦はウィリー・オーバンが出場停止のため、イブラヒマ・コナテとダヨ・ウパメカノのフランス人コンビが最終ラインの中央を担うことになるだろう。

マルセイユは3月31日のディジョン戦に3―1で勝利し、リーグ・アンの2位フィニッシュを目指せる位置につけている。しかしながら、この試合でキャプテンのGKスティーブ・マンダンダが負傷交代。また、センターバックのアディル・ラミや右サイドバックの酒井宏樹も負傷している。フランス代表の試合でハムストリングを負傷したフロリアン・トバンもライプツィヒ戦は欠場する可能性が高い。

予想ラインナップ

ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;ライマー、ウパメカノ、コナテ、ベルナルド;フォースベルク、ザビッツァー、ケイタ、ブルマ;オギュスタン、ウェアナー

マルセイユ(4ー2ー3ー1)
プレ;サール、ロランド、セルティック、アマビ;ルイス・グスタボ、ザンボ・アンギザ;オカンポス、サンソン、ペイェ;ミトログル

関連データ

  • ライプツィヒは今季が欧州カップ戦初出場ながら、EL決勝トーナメントではナポリ(イタリア)とゼニト(ロシア)を破って準々決勝に駒を進めた
  • ライプツィヒのウェアナーは欧州カップ戦7試合で6得点。ただし、ホームでは1得点にとどまる
  • ライプツィヒのGKペーター・グラシは欧州カップ戦全10試合にフル出場中
  • EL準々決勝に勝ち残った8チームのうち、ライプツィヒを除く7チームはUEFA主催大会で決勝に進出したことがある
  • ライプツィヒとマルセイユは公式戦初顔合わせ。両チームともに準決勝に進出すればクラブ史上初となる
  • マルセイユはドイツ勢とアウェーで対戦した過去3試合でゴールを挙げたことがない

© imago / Picture Point LE